走り始めた日

2018.06.14

走り始めた日

運動は苦手なのに、どういう訳か長距離だけは速いことに、30を過ぎてから気付きました。きっかけはホノルルマラソンに参加したことです。当時はマラソンブームのはしりで、ホノルルマラソンは日本人に人気がありました。

テレビでたくさんの人が、ホノルルの街を走っている光景を目にしたり、走った人の話を聞いたりしているうちに行ってみたくなりました。

 

「おいちゃん、ハワイへ行こうよ」

「そうだな、どうせならマラソンも走ろう」

「完走を目指して練習しよう!」

 

おいちゃんと二人で土日、近所を走りました。

練習のときは一緒に走るから、どちらが速いかわからなかったのですが、ホノルルマラソンのゴールは私の方が速かったのです。

おいちゃんは、その時は信じられなかったようでしたが、2回3回と私が勝ち続けると、ようやくなずなは速いんだ、ということを認めたようでした。

 

それからずっと二人で走り続けました。しかし、おいちゃんはいつの間にか走らなくなり、私一人で走る日々が続きました。

 

そして時は過ぎ…

 

私にも走るのを中断した日々がありました。ガンで入院した時と、おいちゃんが亡くなったときです。

 

ガンで手術した時は、退院して10日目くらいで走り始めました。

抗がん剤治療中も、筋トレやランニングを続けました。抗がん剤治療した日に運動をすると、心臓がドキドキして、まるで酒を飲んだ後に運動したようでした。そのうち髪の毛は抜け落ち、運動のときはバンダナを巻くことにしました。

その姿に、知り合いの男性が驚いています。

 

「どうしたの、その頭!」

 

私は笑顔で答えました。

 

「抗がん剤で禿げちゃって…」

 

そしてその後、ある日おいちゃんは突然、帰らぬ人となりました。愛する人が亡くなった、その悲しみに、何をする気も起きませんでしたが…

 

おいちゃんの葬儀が終わって10日目に、私は走り始めました。夏の暑さの中、日焼けをしないように日焼け止めをたっぷり塗って、帽子をかぶり、サングラスをかけて走ります。

 

走りながらおいちゃんを思い出して、涙が出ることもありました。そんなときも、大汗とサングラスでどうにかごまかすことができるのです。タオルで汗を拭くふりをして、涙を拭いて、また走り出します。

いつものコースを、普段よりずっとゆっくり走りました。鳥が運んで芽が出たらしいバラいちご、おいちゃんが生きているときは、たわわに実っていたのに、今はいくつも残っていません。

 

夏の日は長くて、家に帰ったのは6時過ぎですが、まだ日は高い所にあります。

すでにまとめておいた風呂道具を持って、これからフィットネスクラブの風呂に向かいます。

テーブルの上のおいちゃんの写真に向かってにっこり笑う。

 

「おいちゃん、また表彰台に上がれるかしら?」

 

私は何回か入賞して、表彰台に上がったことがあります。おいちゃんはその前で、にこにこしながら写真を撮ってくれました。

 

「いやあ、うちの奥さんは速いんだよ」

 

そんなことを周りの人に言いながら。

 

おいちゃん、足の速いのはいいけど、生きることを早く終了させるのは良くないな。

そう呼びかけましたが、写真の中のおいちゃんはこんな風に返します。

生まれることと死ぬこと、これは天が決めたことだから、仕方ないんだよ。

 

そうか、仕方のないことなのか。命のゴールでは、おいちゃんが私を待っているんだね。

 

ゴールまで、頑張る。

 

 

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

ABOUT

このブログを通して、大切な人を亡くし途方に暮れている方と悲しみを分かち合い、亡くなった方への感謝の気持ちを共有する一助となれば幸いに思います。
~雑草のようにたくましく生きる

畦道なずな

TOPICS

CONTACT

by NAZUNA

必ずご返事するとは限りません。あらかじめご了承ください。

support byさくら葬祭