自分には縁がない映画とおいちゃんと

2018.07.13

自分には縁がない映画とおいちゃんと

先日テレビで映画のノーカット版を放送していました。何でも社会現象にもなった不倫の映画だそうです。

社会現象ってどんな現象か知りませんが、とにかく評判になったのでしょう。

不倫なんてどんな美男美女がするんでしょうか。私、なずななら街中でいい男がいたら、「うんまあ!」と、心の中で叫んで次の瞬間、ガラスに映るおのが姿を認め、うなだれるだけでしょう。

 

でも、霊能師と言われる人の話によると、不倫は絶対にしてはいけないことだそうです。ならば絶対できないこの私は罪も軽いというものです。

それはさておき。ストーリーは…

 

会ってはならない一組の男女は、運命の糸に操られるように再会してしまい、また愛し合うようになりました。

女の方は家庭をなくして一人ですが、男の方はまだ家庭があります。男の奥さんも夫を失いたくないと必死ですが、映画の中では奥さんの方が悪役です。

そう、普通なら不倫をする方が悪役なのに、この映画では妻が悪役なのです。

奥さんと別居した男は、女と暮らし始めます。仕事に出かける男と、それを見送る女。

「行ってきます」

「行ってらっしゃい」

など、夫婦気取りです。

 

正しい市井の人、なずなはこんなことは許しません!

「何で奥さんが悪役なのよ!なんも悪いことをしていないのに!」

テレビを見ながら、ひとりで憤ります。

 

こんな映画で、誰が感動するか!!

 

しかし、映画も終わりに近づいて来た時です。

車を運転する奥さんと、助手席の男。

「どうして私じゃだめなの?どうしてあの人じゃないといけないの?」

逆上した奥さんが事故を起こし、そして男は亡くなります。女は、警察に呼び出されて愛する男の遺体を確認に行きます。

男の着ていた衣服を抱いて泣き出す女…そして、頭の中に浮かぶのは

「行ってきます」

と言って向こうに向かう男の姿。

 

ここで私は亡くなったおいちゃんと、この男の姿を重ね合わせてしまいました。そしてあの時を思い出してしまいました。涙がこぼれて来ます。もう3年もたつのに、あの時の記憶は鮮明に覚えています。おいちゃんが出かけるところから、遺体の確認をするところまで。

 

おいちゃんはその日、かつての仕事仲間と一泊で温泉旅行に行きました。

おいちゃんも、この映画の男のように、顔だけこちらに向けて言ったのです。

 

「明日の昼は海鮮丼を食べて来るから、夜はご飯じゃないものね」

 

うん、と私は頷きました。

 

その夜、おいちゃんが大変なことになったと呼び出しがあって、おいちゃんが運び込まれたという病院にタクシーを飛ばして行きました。私が到着した時、おいちゃんは、もうすでにこと切れていました。

 

「おいちゃん…」

 

おいちゃんの足をマッサージしながらこの映画の女のように泣いたのでした。

 

まあ、しかし、不倫は許せない…とはいえ、妻(または夫)もその地位に胡坐をかいてはいけないとも思います。

私の場合、妻という地位に胡坐をかくことも、もうありませんが。

 

もうすぐおいちゃんの命日です。命日には墓参りをしようと思います。

待っててね、おいちゃん。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

ABOUT

このブログを通して、大切な人を亡くし途方に暮れている方と悲しみを分かち合い、亡くなった方への感謝の気持ちを共有する一助となれば幸いに思います。
~雑草のようにたくましく生きる

畦道なずな

TOPICS

CONTACT

by NAZUNA

必ずご返事するとは限りません。あらかじめご了承ください。

support byさくら葬祭