春が来た

2019.03.24

春が来た

春の気配が濃くなって、普段通る道でも、足元を見ると緑が目立つようになりました。急に思い立って近所のハイキングコースを歩いてみました。

川沿いの道には木が植わっていて、それぞれに新芽を出したり、花をつけていたりします。今はミツマタの花が盛りですが、ソメイヨシノのつぼみが膨らんでいます。開花はもうすぐでしょう。

 

ここは神奈川の田舎だから、ちょっと歩くと野山があります。まだ枯草の方が多いけれど、緑の草も目立つようになりました。

フキノトウやつくしはすでに伸び切って、もうちょっと早く来ればよかったと悔やんでみもします。

ノビルがあちこちに生えています。枯れたところを取ったり、皮をむいたりする下ごしらえが面倒だけれど、これはネギに似た香りや味がして、ゆでて酢味噌で和えたり、炒めて食べるとおいしいのです。以前はよく食べました。もっと良く育ったら、また来て採って行こうかしら。

 

上を向くと、ヤブ椿が咲いています。アオキは赤くつややかな実をつけています。常緑樹は冬でも緑ですが、春になるとさらに緑が鮮やかになるように感じます。

ここら辺は杉も多いのです。私は花粉症なので困ったものですが、杉に罪はありません。マスクや帽子で防御しています。こうすれば日焼けも防げますから。

寒いのではないかと厚着をしてきましたが、うららかな日差しの下、体を動かしていると汗ばんでくるのがわかります。もう冬ではない、春なんだな。持っているタオルで汗をぬぐいます。

 

畑ではほうれん草や長ネギが旬のようです。さやえんどうの苗でしょうか、もうすぐ支えが必要になるくらいに伸びています。

こんな散歩を楽しんでいるのは、年配の人が多いようです。女性は二人以上でおしゃべりしながら歩いています。男性はなぜか一人でのんびり歩いている人が大半です。

 

私はおばさんですが、いつも一人で散歩します。いえ、本当は一人ではないのです。おいちゃんがいつも隣にいます。

 

ねえ、おいちゃん。おいちゃんは花粉症じゃないから、春は大好きだったよね。この季節と秋は海外に行くのはもったいないと言って、高尾山や近場の温泉地に行ったりしたね。

おいちゃん亡き後、温泉旅館に一人で泊まるのはちょっと敷居が高くなった。だから、こうして近くの野山を歩くことが多くなったよ。

 

おいちゃんと一緒だったら、ここに引っ越すこともなかっただろうね。おいちゃんがいれば、ずっとあの家に住んでいただろうね。

あの家は駅から近くて便利だったけど、それに比べると今の家は駅から遠くなった。でもね、ちょっと歩くとすぐこんな野山があるなんて、いいよね。自然と触れ合うって癒されることだよ。

 

一緒に居ると言っても、今のおいちゃんは姿が見えない。見えるおいちゃんと散歩をしたかったな。

さあ、帰ろうか。今もおいちゃんと一緒のはずなのだけれど…

 

エレベーターに乗ってから階段を上って、ドアを開けました。鍵を忘れずにかけてから、蛍光灯のスイッチを入れると…

 

おいちゃんがテーブルの上で微笑んでいるのが見えました。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

ABOUT

このブログを通して、大切な人を亡くし途方に暮れている方と悲しみを分かち合い、亡くなった方への感謝の気持ちを共有する一助となれば幸いに思います。
~雑草のようにたくましく生きる

畦道なずな

TOPICS

CONTACT

by NAZUNA

必ずご返事するとは限りません。あらかじめご了承ください。

support byさくら葬祭