悲しくて悔しいクレジットカードの思い出

2018.07.25

悲しくて悔しいクレジットカードの思い出

家族が亡くなるというのは大変なことですが、一家の大黒柱である人間がいなくなるというのは、経済的なこともさることながら、手続き上も面倒なことが多いものです。

 

クレジットカードの抹消手続きもその一つです。

今は昔と違って、クレジットカードはほとんどの人が持っているのではないでしょうか。

以前は、おいちゃんもなずなも、クレジットカードなんて破滅への第一歩と考えていました。しかし、恐る恐る使ってみると、大金を持たなくて済むし、ポイントがたまるのも楽しみになりました。

なずな個人の名義で持っているクレジットカードは、「これを使って支払いをすれば、支払金額が5%オフになりますよ」と言われて作った流通系ですが、おいちゃんの家族会員になっているカードがありました。

なずな個人名義で持っているものはそのまま問題なく使えますが、おいちゃんの家族ということで会員になっているカードは解約しなくてはなりません。

 

「家族が亡くなったら」のようなハウツウ本には、

「クレジットカードは年会費がかからないように早めに解約しましょう」

などと書いてあります。

それを読んで、なずなは慌てて電話で解約の問い合わせをしたのでした。

 

電話に出たお姉さんは親切に受け答えしてくれました。現時点でポイントも貯まっているということだったので、その交換も済ませました。

「はい、それではこのお電話で解約の手続きは終わりでございます」

「ありがとうございました」

 

このカードはメインに使っているもので、さくら葬祭の支払いにもこのカードを使いました。

たかがカード、されどカード、思えばこのカードを使って、おいちゃんとのいろいろな思い出を作ったのでした。海外の様々な国では、銀行で両替するのは面倒なので、このカードを使って、その地のATMで通貨を引き出すことにしていました。旅行の支払いや、ちょっと贅沢をするときにも、いつもこのクレジットカードを使っていたのでした。

楽しい思い出とともに、このクレジットカードがあったのです。おいちゃんの死によって、このカードも死んでしまった…

「おいちゃん…」

kousaku azemichiと、nazuna azemichiと書かれた2枚のカード。たくさんの思い出とともに涙があふれてきました。

 

それからひと月ほど経ったある日、一枚の封筒が届きました。

見ると、例のカード会社からです。今まではweb上で支払い明細やお知らせを受け取っていたのですが、解約したことによって、webで見ることはできなくなり、代わりに郵送で明細が送られてきたのです。

支払い明細には、支払先とともに金額、そして獲得したポイントも書いてありました。さくら葬祭や、親戚関係の食事代など、かなりの金額でした。だから結構なポイント数が書いてあります。

しかし、送り状に、こんな文言があるではありませんか!

「カード解約後のポイントは交換することはできません」

 

なんと!しまった!このポイントを交換してから解約すればよかった!

 

身近な人が亡くなったときのための、あのハウツウ本、全くなっとらん!何が年会費に気を付けよう、だ!年会費とポイント交換の兼ね合いを書いてないとは、何のためのハウツウ本か!

葬儀代や何やかやで、支払金額は数十万円に及びます。そのポイントはかなりのものです。

 

早まった!悔しい!

おいちゃんを失った悲しみとともに、こんな悔しい思いもするとは!

 

クレジットカードを解約するときは、年会費の支払日とともに、ポイント交換も念頭に置いて日程を決めましょう。

ポイント交換のできない悔しさで、悲しみが吹っ飛べばいいのですが、そうではなく、悲しみと悔しさが同居するという、かなり痛い思いをしてしまいます。

 

 

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

ABOUT

このブログを通して、大切な人を亡くし途方に暮れている方と悲しみを分かち合い、亡くなった方への感謝の気持ちを共有する一助となれば幸いに思います。
~雑草のようにたくましく生きる

畦道なずな

TOPICS

CONTACT

by NAZUNA

必ずご返事するとは限りません。あらかじめご了承ください。

support byさくら葬祭