寂しいと思うのは

2018.05.14

寂しいと思うのは

風呂好きだったおいちゃんとなずなは、普段はフィットネスクラブの風呂に入っていたけれど、フィットネスクラブが休みの日は自転車で30分もかかるスーパー銭湯に行っていました。回数券を買うと安上がりで、一回500円くらいです。

おいちゃんと一緒に行っていたときは、入るときに二人で時間を決めて風呂場に向かったものでした。

 

一人になった今では、入り口で回数券を渡すと、時間なんか気にせず自分のペースで風呂に入れます。のんびりゆったりしています。

大きなお風呂、気持ちいいのに。日本人で良かった。

人気のスーパージェットバスには、いつも誰かが入っています。電気風呂のチリチリした感触を楽しみながら、スーパージェットバスが空くのを待ちました。やっと空くとすぐに移動しました。それに入ると勢いよく噴射する水流で体が浮くのが楽しくて、まるで子供みたいに笑ってしまいます。この次はどの湯船に入ろうか、水流に身をゆだねながら思いを巡らせます。

一人っていいじゃない。いつもマイペースでいられるもの。さあ、のんびりと帰り支度をしましょう。

 

風呂から上がってホールに出ると、家族連れが傍らの食堂で、冷たい飲み物を飲んだり、食事をしていたりするのが目に入ります。そして、いつもおいちゃんが座って待っていたソファには、知らない男性が腰かけています。この人も奥さんを待っているのでしょうか?おいちゃんが私を待っていたように。

 

私は急に不安になりました。おいちゃん。おいちゃんがいない。まだ出てきていないのかしら?私は空いているソファに腰かけました。おいちゃん、長いお風呂だな。

 

おいちゃんが出て来ないことなんか、わかっているはずなのに。頭でわかっていても、気持ちがついていかないのでしょうか。

もうおいちゃんはいないんだ。諦めて外に出ました。背中を丸めて自転車に乗ると、夕闇の中を一人で家に向かいます。早く帰らなくちゃ。暗い夜道を女性一人で行くのは、自転車に乗っていても怖いものです。これからはもうちょっと近い銭湯に行くようにしよう。スーパー銭湯に行くのは回数券を使いきるまで。

もう、一人なんだから。

 

家に着くと、風呂道具を片付けてから、テーブルに向かいます。まず一杯、ビールを飲むのが楽しみです。プシュッ!グラスに注いでゴクゴク飲むと、ビールが体にしみわたります。ああ、おいしい!

テーブルの上には、おいちゃんが食事をしている写真を置いています。味噌汁のおわんと箸を持ったおいちゃんが、こちらに向かってほほ笑んでいる。

一人で食べる食事でも、十分おいしく食べています。だからおいちゃん、心配しないで。テレビを見ながらの夕餉は、もう寂しくはありません。

 

だけど、待つ人のない風呂上りは、今もなお、寂しいと思います。

コメント

  1. おばば より:

    ご主人が亡くなった今でも、ふと一緒にいるような錯覚に陥るという、畦道なずなさんのご主人への愛情が深く感じられて、ジーンときました。
    ご主人は天国で、いつもなずなさんの事を見守ってくれていますよ。ご主人と一緒だと思って頑張って下さいね。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

ABOUT

このブログを通して、大切な人を亡くし途方に暮れている方と悲しみを分かち合い、亡くなった方への感謝の気持ちを共有する一助となれば幸いに思います。
~雑草のようにたくましく生きる

畦道なずな

TOPICS

CONTACT

by NAZUNA

必ずご返事するとは限りません。あらかじめご了承ください。

support byさくら葬祭