亡くなった子の年を数えるというけれど

2018.09.24

亡くなった子の年を数えるというけれど

朝食はトマトジュースと果物、そしてコーヒー。コーヒーは安い豆だけどちゃんとフィルターでドリップして作ります。

食事の支度ができたら、おいちゃんを起こしに行きます。お尻と足をグリグリマッサージして、おいちゃんを起こします。

おいちゃんがゴソゴソと布団から出てきました。テーブルに着くと、新聞を読みながらトマトジュースに手を伸ばします。

 

自宅が仕事場なので、朝はのんびりしたものですが、今日は顧問先に行く日です。いつもはTシャツとユニクロの部屋着でも、今日はスーツを着て大きなカバンを持って出かけます。玄関に向かうおいちゃんの後について、私も玄関に向かいます。

 

「帰りは夕方3時くらいかな」

 

「うん、行ってらっしゃい」

 

 

今日はおいちゃんの誕生日です。おいちゃんの好物と、そしてちょっと贅沢なものを作ろう。おいちゃんの好物と言っても、ビールはもとより、枝豆やピーナッツのような普通のものばかり。今日はステーキにでもしようかな。ワインもたまにはいいな。

いつものスーパーに行って、牛肉コーナーを覗くと、「30%オフ」のシールが貼られた牛肉パックが。今日食べるんだからこれで十分と、手を伸ばしました。

刺身はここじゃなくて、あっちの小さなスーパーの方が安くていいものがあるはず。

 

いつものようにおいちゃんと一緒に、フィットネスクラブに行って時間を示し合わせて帰ります。大体夏は7時半集合、冬は7時集合。その違いは日の長さによります。今はまだ夏時間。私はおいちゃんより30分早く家に戻って、あらかた整っている夕食を仕上げにかかりました。食器をテーブルにセッティングしたり、汁物や煮物を温めたり。しばらくするとおいちゃんが帰ってきます。

 

 

「今日はおいちゃんの誕生日だから、ちょっと贅沢にしたんだよ」

 

「なんだよ、お前の好きなものばかりじゃないか」

 

吹き出る汗をバスタオルで拭きながら、おいちゃんが席に着きます。

 

「それにこの歳じゃ、誕生日なんてめでたくもない」

 

「まあ、そうだけどさ」

 

 

ビールで乾杯して、料理を食べ始めます。刺身はいつも、アジやタコさしが多いけど、今日は中トロのマグロです。外食することを考えれば、これくらいの家での贅沢は安いものです。

料理を食べ終えたお皿を、流しに持って行きます。洗うのは明日にしよう。食器洗い機に任せればいいんだから。

おいちゃんにせがんで買ってもらった食器洗い機、食器の多いこんな日は特に便利です。

 

 

私が寝るとき、おいちゃんはピーナッツをつまみにまだ飲んでいます。

 

「先に寝るよ」

 

「うん」

 

おいちゃんのいた日々は、いつもこんなふうに一日が終わっていました。

 

 

今年もおいちゃんの誕生日がやってきました。この日にご馳走を作るのはおいちゃんの生前と一緒です。今日はミニステーキと、カツオの手こね寿司がメインです。サラダやステーキの付け合わせで、野菜をたくさん摂ります。デザートにはシュークリームを2個買いました。

 

テーブルの上にはいつも一枚の写真を置いています。親戚の集まりでホテルの朝食を食べているおいちゃんが、写真の中にいます。

 

おいちゃん、誕生日おめでとう。生きていれば62歳、あのときよりもっと白髪が増えたかな?今じゃ、私はおいちゃんより歳上になったよ。

亡くなったおいちゃんは、あの時から歳を取りません。生きている私だけが歳を取っていく。

 

歳を取るってやっぱりいいこと、おめでたいことです。

 

亡くなった子の歳を数えるというけれど、私も亡くなったおいちゃんの歳を数えています。

 

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

ABOUT

このブログを通して、大切な人を亡くし途方に暮れている方と悲しみを分かち合い、亡くなった方への感謝の気持ちを共有する一助となれば幸いに思います。
~雑草のようにたくましく生きる

畦道なずな

TOPICS

CONTACT

by NAZUNA

必ずご返事するとは限りません。あらかじめご了承ください。

support byさくら葬祭