ボランティアと寄付

2020.08.04

ボランティアと寄付

ボランティアなんて、偽善だと思っていました。

暇な人が、いいカッコしたくてするんでしょ?そんなに暇じゃないし。

 

初めてのボランティアは、東日本大震災でした。

 

実は…動機は不純なものでした。

当時、なずなが住んでいたのは庶民的な地域でしたが、近くにある、高級住宅街が被災したのです。

 

なに、あの高級住宅街の人たちが、困っている?困った顔を見に行ってやろう。

そんな意地悪な動機です。

 

ボランティア当日は、軍手、ジャージ上下、長靴と言ういでたちで、水筒とお昼に食べるパンを持って出かけました。

「それじゃ、行ってくる」

「ん」

まだ生きていたおいちゃんは、文庫本を読んで、ソファに寝そべっていました。

 

ボランティアの集合場所に行くと、元気そうな若い人がたくさんいました。皆、それぞれに割り当てられた現場に向かいます。

なずなも、とあるマンションの水汲みを割り当てられ、何人かでそこに向かいました。

リーダーは一番年上と思われる女性になってもらいました。

 

「ボランティアで来ました。水汲みを頼まれたのですが、どうしたらいいですか?」

リーダーが尋ねると、住民と思われる人はリヤカーを指さしました。

「それでは、この水を配ってください」

 

水の入ったタンクを載せた、リヤカーを交代で運転し、マンションの入り口に置いてあるポリタンクに水を入れて、各階に運びました。

「ありがとうございます」

「どういたしまして」

確か、3階建ての低層マンションだったと記憶しています。入居しているのは年配の人が多く、水を運ぶのも大変なようです。

 

水を配り終わったのは、2時くらいでしょうか?それから、スコップを洗うのを手伝いました。

隣に若い女性がいます。

「どこからいらしたんですか?」

「ここに住んでいるんです」

「あら、まあ」

 

女性はスコップを洗いながら言いました。

地震に遭っても、被災した家と、被災しない家があります。自分の住んでいるマンションが、こんなことになって、自分達だけで何とかしないといけないと思うと、すごくみじめな気がしました。でも、こんなにたくさんの人が助けに来てくれて、本当にうれしく思いました。

 

近くにいた年配の男性も話に加わりました。

他から来た人がこんなに、やってくれているのに、その当事者の入居者が何もしないというのは、どうしたものか。みんなでそんなことも話しましたよ。

 

その時のなずなの気持ちがわかるだろうか?

 

恥ずかしい!穴があったら、入りたい!!私ってバカ!!

 

人の困った顔を見てやろうとか、意地悪な好奇心を持って来てみたのだが、みんな心から喜んでくれる。

 

純粋に喜んでくれる人を見ると、心も変わって行くもの。

 

これをさかいに、ボランティアや寄付に目覚めました。出来ることをする。これがボランティアのキモです。

 

去年の台風19号では、うちの近くにも、被災した家がありました。自転車に乗って現地に向かいました。

なずなが行ったときは、すでにかなりの人が、現場に向かった後でした。

 

もう、仕事はないのかな?

 

そこに係の女性が来ました。

「お待たせしました。行っていただくところについて説明があります」

 

はい、何でしょ?

 

「皆さんにこれから行ってもらうのは、お墓の隣にある家です。ですから、遺骨が出てくるかもしれません。現に昨日は、遺骨が出てきました。無理だと思う人は手を上げてください」

 

6人ほどいるボランティアは、大丈夫だというようにうなずいていました。その中には一人の女性も含まれています。

 

遺骨。遺族には大切な究極の遺品。うちにもおいちゃんの小さな遺骨が、宝物のように取ってある。でも、それとこれとは話が別。

 

「私、パスします!」

なずなは一人、残ることになりました。

 

無理はしない。無理をしてはいけないのです。

 

その後も何日か、家の庭に流れ込んだ土砂を描き取る作業をしたのですが、ボランティアと言うのは、いい意味で無責任でいられます。一緒に作業している人とおしゃべりしながら、楽しく作業をします。

土嚢に土を入れ過ぎると、運ぶのが大変なので、少なめに入れるようにするのですが、つい入れ過ぎてしまう土嚢もあります。

「この重い土嚢、俺が土を入れたやつかも」

「ははは~、ブーメランだな」

アハハハハ…

 

これを被災した家族がやったら、おしゃべりどころではありません。家族だけの作業では、何日かかるか見当もつかなくて、暗澹たる思いでしょう。

 

今は新型コロナが終息していないので、被災地でも、ボランティアは県内の人に限っているということです。

なずなも自分では、コロナには罹っていないと思っていますが、やはりここは行くべきではありません。

 

と言うことで、インターネットを通じた募金、ちょっとばかりしてみました。

 

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

ABOUT

このブログを通して、大切な人を亡くし途方に暮れている方と悲しみを分かち合い、亡くなった方への感謝の気持ちを共有する一助となれば幸いに思います。
~雑草のようにたくましく生きる

畦道なずな

TOPICS

CONTACT

by NAZUNA

必ずご返事するとは限りません。あらかじめご了承ください。

support byさくら葬祭