ソラマメ事件

2020.05.24

ソラマメ事件

外出自粛で、以前なら毎日のように行っていた買い物にも、最近は3日に一度くらいにしようと努力しています。買い物好きな私には、ちょっと苦しい。

お店の方も新聞の折り込み広告をやめて、なるべくお客さんが自粛しやすい雰囲気を作っているようですね。

 

スーパーに行くと、買い忘れのないように、メモを見ながら買い物をしている人が増えたみたい。

これはいい!と、私もメモしてから買い物に行くことにしました。でも、メモをすると、メモなんか見なくても、買うものを憶えていて、メモしていないと忘れてしまうというのは、なんという皮肉!

 

先日もスーパーに行って来ました。スーパーではまず野菜売り場から始まるのがお約束ですが、その片隅に、ソラマメがあるのに気づきました。

 

もうソラマメの季節か。

 

女性はサツマイモやカボチャが好きですが、男性はソラマメや枝豆が好きな人が多いと思います。おいちゃんもそうでした。

 

私はおいちゃんと行った、房総の旅行を思い出しました。

 

やはり5月のうららかな日でした。おいちゃんと私は、房総の、とある海辺の観光地に一泊旅行に行きました。

5月の房総は、初夏と言っていいような、汗ばむような気候です。海の青さもきれいですが、木々の緑にも目を奪われます。

宿の無料の貸自転車で、近辺を回ることにしました。フロントに置いてあった地図を持って、山の上の神社をお参りしたり、岬の灯台を見に行ったりしました。その道すがら、道の駅を見付けたのです。

こんな所はおいちゃんも私も大好きです。買う買わないは別として、見ているだけでも楽しくなるのです。

土地の名産品が、所狭しと並んでいます。キャベツや大根が、信じられないくらい安い値段で売っています。

「おいちゃん、こんな大きな大根が100円だって!」

しかし、こんな大物は、いくら安くても持って行くのが大変なので、泣く泣く買うのを諦めました。

 

その時、おいちゃんの足が、とある場所で止まりました。

「俺、これが欲しい」

おいちゃんが指さした先に、ソラマメがありました。

「ふ~ん、ソラマメか」

値段も安くて新鮮そう。これ、いいね。二人でそんなことを話し合っていましたが、私は買うなら明日の方がいいと思いました。

「ねえ、帰るのは明日だから、明日またここに来た方が良くない?」

「なくなったらどうするんだよ」

「明日の分は明日また来るわよ」

と言うことで、ソラマメを買うのは明日と言うことにしました。

 

宿に帰ると、大浴場で汗を流し、持ち込みのビールを飲んで、夕食会場に向かいました。海の近くだから魚が新鮮。それに主婦は、自分で動かなくても、食事が出てくるのは、何よりありがたい。

 

そして翌日。朝風呂に入って朝食をゆっくり食べて、チェックアウトをしてから、件の道の駅に向かいました。

いそいそとソラマメのあった所に向かうと、なんと!

「ソラマメがない!」

「やっぱりないじゃないか!!昨日買えばよかったのに!あ~、ソラマメ!ソラマメ!」

そこでは何も買わず、手ぶらで家路に着きました。

 

その日の夕食に、ソラマメを出したかどうか?でも、たぶんスーパーで買って、出したんじゃないかな?

そんなことを思い出し、現実に帰った私は、ソラマメを一袋、買って帰ったのでした。

 

その日の夕食。

テーブルの上にはおいちゃんの写真。

「おいちゃん、ソラマメを買って来たよ」

レンジでチンしたソラマメを、おいちゃんの前に置きました。

缶ビールを開けて、こくこくと飲む。う~ん、今日も元気だ、ビールがうまい。

おいちゃんの前の、ソラマメをつまむ。

 

「おいちゃん、今年初めてのソラマメだね」

 

おいちゃんがいたときは、ソラマメはおいちゃんが主に食べていましたが、今は私だけが食べています。一人の夕食はもう、慣れたし、一人は気楽、と思うことも、多くなったけれど。

 

「おいちゃん、ソラマメ食べに、こっちに戻っておいでよ」

 

おいちゃんが、テーブルの上で微笑んでいる。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

ABOUT

このブログを通して、大切な人を亡くし途方に暮れている方と悲しみを分かち合い、亡くなった方への感謝の気持ちを共有する一助となれば幸いに思います。
~雑草のようにたくましく生きる

畦道なずな

TOPICS

CONTACT

by NAZUNA

必ずご返事するとは限りません。あらかじめご了承ください。

support byさくら葬祭