お盆です 怖くはないけれど、ちょっと不思議な話 その一

2018.08.13

お盆です 怖くはないけれど、ちょっと不思議な話 その一

お盆の行事をするのは地方によって7月と8月に別れます。東京在住の知り合いは、お盆と言えば7月、と言っていましたが、お盆休みは8月だし、高校野球も8月なので私は8月の方が、お盆という気がします。

 

今回はおいちゃんのことではなく、父のことを語りましょう。

父が亡くなったのはもう十年近く前になります。

 

父が入院した病院で、医師から容体の説明を受けました。父は肺がんで、もう末期の状態なので手術も抗がん剤などの治療もできない、持って2週間程度だろうとの見立てでした。

 

そこで私は医師に言いました。もう治る望みがないのであれば、本人が嫌がるようなら、点滴はしないで欲しい。食事もできる限り食べさせて欲しい。

そして、父は入院して8日であっけなく亡くなりました。

86歳でしたから、そこそこ長生きしたと言えるでしょう。それに当時私は、一通りの癌治療を終えたばかりで、こちらが先かも知れないと思っていたところでした。

ですから、悲しみよりも、父の葬儀をしてあげられる、間に合った、という気持ちの方が大きかったのです。

 

葬儀や役所、銀行などの手続きを終えると、父の住んでいた家を片付けることになりました。年寄りの独り暮らしは荷物が溜まる一方です。業者さんにも来てもらいましたが、すべてを任せる訳には行かず、することは結構ありました。

遺品片付けの間に、妹の携帯が充電切れになりました。

 

「こんな時に…充電器なんか、ないよね」

 

片づけながら、私は父に呼びかけました。

 

「お父さん!充電器ない?」

 

すると引き出しの中から充電器が出てきました。

 

「充電器、あった!」

 

「このタイミングで出て来るなんて。お父さん、いるのかしら?」

 

 

それから数ケ月、日常のことに紛れて、父の死もあまり考えなくなっていきました。

ふと気づくと、もうすぐお盆です。父の新盆です。

お盆の行事、どうしようか。そんなことしなくていいよね。だって、お父さん自身が、お彼岸とかお盆なんて興味なかったもの。しないことにしよう。私はそう決め込みました。

 

ある日、布団を仕舞うので押し入れを開けると、何かが入っている紙袋が目に入りました。

何だろうと広げて中を見ると、さくら葬祭で貰ったろうそく立てやろうそく、お葬式の後飾りが入っています。私が「仏様セット」と呼んでいるものです。

 

お父さん、お盆をして欲しいの?自分は何もしなかったくせに。自分が仏様になると、そう言うものかしらねえ。こんな時に仏様セットが出てくるのは、して欲しいという父の意思表示なのでしょう。勝手だとは思いましたが、亡くなった人の望みを無視することはできません。

さくら葬祭で貰った段ボールの祭壇はとってありましたので、それを組み立てて白い布をかけました。その上に父の遺影を飾り、果物やお水を供えます。

パソコンで検索して、できる限り作法に沿うようにしましたが、迎え火や送り火は、火事が心配でしませんでした。お盆の仕方も住宅事情で変わっていくことでしょう。

こんなことを家でするのは初めてでしたが、お盆やお彼岸に、亡き人をしのんで心静かなひと時を過ごすというのも、いいものです。

 

思いがけず、亡き父の要望に応えるような形でお盆行事をすることになりました。これは父の新盆の、ちょっと不思議な話ですが、翌年はもっと不思議な出来事があったのです。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

ABOUT

このブログを通して、大切な人を亡くし途方に暮れている方と悲しみを分かち合い、亡くなった方への感謝の気持ちを共有する一助となれば幸いに思います。
~雑草のようにたくましく生きる

畦道なずな

TOPICS

CONTACT

by NAZUNA

必ずご返事するとは限りません。あらかじめご了承ください。

support byさくら葬祭