お上のやることはめちゃくちゃ

2018.06.26

お上のやることはめちゃくちゃ

亡くなった人の確定申告を準確定申告と言います。しなくてもいいのですが、する場合は亡くなってから4カ月以内にすることになっています。

 

税務署が「しなくてもよい」と言うのは気を付けなくてはいけません。あちらさんにはその方が有利で、こちらは損をすることが多いからです。普通、確定申告をすると、税金が戻ってきますが、死んだ人の「準確定申告」でも、税金が戻ってきます。

現役で働いていた人が亡くなった場合は、準確定申告をする必要があります。

 

私も面倒くさいから、しなくていいならするのはやめた、と思っていたのですが、税金が戻って来るなら話は別。税務署に電話をして、聞いてみました。

Q「申告用紙はどこで手に入るのですか?」

A「国税局のホームページからダウンロードするのが簡単」

Q「亡くなってから4カ月以内と言いますが、きっかり4カ月ですか?それとも4カ月後の末日ですか?」

A「きっかり4カ月です」

 

ありがとうございます、とお礼を言ってパソコンで用紙をダウンロード。

「こんなことは本当に、まったく、完璧に、おいちゃんの仕事じゃないの?!」

と、遺影にぶつぶつ文句を言いながら、申告書類を作成していきました。

 

しかし、慣れないことでどうしていいかわからないことも多く、もう嫌だ!そう思うこともありました。しかし、

「金、金のためだ!!」

と、自らを鼓舞しました。

おいちゃんが亡くなったのは7月だから11月の亡くなった日と同日までに申告しなければなりません。

10月半ば、申告書はようやく完成しました。

 

早く出せば早くお金が戻って来るかも知れないと、さっそく返信用封筒を同封の上、郵送しました。申告書控えはすぐに戻ってきました。後はお金が指定口座に振り込まれるのを待つだけです。

 

ことあるごとに口座を確認しますが、待てど暮らせど、還付金の入金はありません。

「まさか、おいちゃんが何か悪事を働いて、それが問題になって還付されないのでは?!」

そう思うと、問い合わせるのも気が引けました。

 

しかしある日、しびれを切らして恐る恐る税務署に問い合わせました。

「あの、還付金の入金がないんですけど」

出てきた職員に言うと、

「少しお待ちください」

と言って何か調べています。

「お待たせしました」

書類に不備があった。これこれの書類を郵送されたし、との説明が。

 

私の場合はちょっと一般と違うところがあったので、それを証明するための書類が必要だったらしいのです。それは「申告の手引き」にも書いていないので、門外漢の私では、言われなければわかりません。

こちらから連絡したからよかったものの、ずっと待っていたらどうなっていたでしょう?それっきり還付金は返されなくなってしまうのでしょうか?そういう場合は、そっちから連絡すべきじゃないの?。

しかし、お上に逆らっても仕方ないので、すぐに必要書類を郵送しました。

 

「年末年始に間に合えばいいな~。年越し資金、欲しいもんな~」

私には母がいますが、すでに高齢者施設に入居しています。帰る実家はありません。なので初めて一人で迎える年末年始が寂しくて、ホテルを取ったのです。一人宿泊で直前だったので、ほとんどのホテルは宿泊不可でした。やっと探したのは埼玉の、とあるリゾートホテルです。

 

しかし、還付金は年末になっても戻って来ません。還付のないまま、お正月を迎えることになりました。

「仕方ない、年末年始の支払いはカードにしよう」

 

まったく綱渡りだ。ホテルなんか取らなければよかった。でもなあ…

という訳で、年末年始は懐の心配をしながら、埼玉のリゾートホテルに泊まったのでした。ちなみにこのホテル、田んぼの真ん中に建っていました。岩風呂があって、浅間山も真正面に見えたのでまあ良しとしましょう。

 

年明けの1月4日、税務署が仕事始めになるのを待って、連絡してみました。

「あの、10月に申告した準確定申告の還付金がまだ来ていないんですが」

「お調べします」

何やらごそごそしていましたが、やけに高ビーな態度で言って来ました。

「あの~、必要書類がなかったんですよね?送っていただけましたか?」

「あの、言われてすぐに郵送しましたが」

「えっ、そうですか、ちょっと調べてみます。わかり次第連絡しますのでお待ちください」

 

しかし、何日経ってもどうなったという回答はありません。

 

またまたしびれを切らして、こちらから電話してみました。

「どうなりましたか?」

「あの~、今から手続きをしますので」

「は?今から?!」

私は頭が痛くなりました。今からって、今まで何をしていたの?

 

「すみませんが、なるべく早くしていただけますか?当てにしているんですよ、そのお金。何しろ主人が亡くなりましたので、余裕はないんです」

「はい、今からします」

すみませんの一言もありません。

 

それから2、3日経って手続き完了のはがきが届き、還付金の振り込みも確認できました。やればすぐにできるじゃないか?こいつら言わなきゃやらんのか?

これが民間だったらとっくに潰れていると思いませんか?

 

まったく、お上のやることはめちゃくちゃ!です。

 

 

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

ABOUT

このブログを通して、大切な人を亡くし途方に暮れている方と悲しみを分かち合い、亡くなった方への感謝の気持ちを共有する一助となれば幸いに思います。
~雑草のようにたくましく生きる

畦道なずな

TOPICS

CONTACT

by NAZUNA

必ずご返事するとは限りません。あらかじめご了承ください。

support byさくら葬祭