おいちゃんの命日に

2020.07.14

おいちゃんの命日に

おいちゃんの命日が今年も来た。最近、雨がよく降るけれど、今日もやっぱり雨降りだ。おいちゃん、命日くらい雨が降らないようにできないの?

 

「そろそろ行こうか?」

私は傍らにいる人に、声をかける。家には誰もいなくなるから、戸締りはしっかりしよう。

 

電車とバスを乗り継いで、墓地に着いた。

花は墓地近くの花屋さんで買うことにしているけど、家の近くで買うよりかなり高い。そうだ。今度から、うちの近くで買えばいいんだ。今度から、そうしよう。こんなことが、案外思い浮かばなかったりする。

 

雨の中を、畦道家の墓へと向かう。少しだけ、雑草が生えていた。おいちゃんが亡くなって、割とすぐに、石屋さんの勧めで敷地内を改装したから、あまり雑草は生えなくなった。けれど、隣のお墓からヤブガラシが遠征に来ている。うちの墓の雑草とともに、これも引っこ抜いた。

「ねえ、この雑草、捨てて来てよ」

そう頼んでも、一緒に来ているこの人は、何もしない。草むしりをするのも、花を活けるのもすべて私がする。まったく、怠け者なんだから。

 

いつもなら、墓石を拭き掃除するんだけど、今日は雨が降っているから割愛。汚れも雨が洗い流してくれるはず。

「いいよね、これだけすれば」

私は一緒に来た人に向かって言った。

「いいよ、そんなもんで」

その人も笑顔で肯いた。

 

花立てをきれいに洗って、持って来たお花を生けると、お墓がきれいになった。そしていつもと同じように、墓前にしゃがんで両手を合わせる。

そちらでは皆さん、元気にしていますか?そちらには、そちらの世界があると聞きました。この世に来るのはほんの一時の旅で、そちらは本来いるべきところで、魂の帰る場所。畦道家の宗教であるカトリックでは、「帰天」と言うと聞きました。

 

墓誌には、亡くなった人の名前と享年が書いてある。何だか早死にしている人が多いと思うのは、時代のせいだろうか?昔の人は人生50と言ったものね。長生きしたと言えるのは、おばあちゃん、お義父さん、お義母さん。

おいちゃん、今の世の中で、58で亡くなるって早過ぎないか?今どき人生50って、古過ぎないか?今は人生100とか言っているよ。

 

一番最後の、おいちゃんの名前。その次の、最後のスペースに、いつの日か私、なずなの名前が彫られるはず。あんまり早くじゃ嫌だからね。もうちょっと、人生を楽しんでからね。

ゴートゥーキャンペーンもあるけど、今年は旅行に安心して行けるだろうか?何だか心配になってしまう。

 

「それじゃ、皆さん、さようなら。今度来るのは、お盆かな」

地方によって、お盆は7月だったり、8月だったりするけれど、私の中ではお盆は8月。お盆休みは8月だし、高校野球も8月だもの。

雨の日の墓参りも大変だけど、暑い日の墓参りも大変だな。

 

そんなことを思いながら、雨の日の墓参りを終えて、帰路に就く。

「おいちゃん、帰ろう」

傍らにいるその人の姿は、おいちゃんは私には見えない。見えないけれど。

 

帰るのは二人。おいちゃんと一緒に、家に帰る。

 

 

 

 

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

ABOUT

このブログを通して、大切な人を亡くし途方に暮れている方と悲しみを分かち合い、亡くなった方への感謝の気持ちを共有する一助となれば幸いに思います。
~雑草のようにたくましく生きる

畦道なずな

TOPICS

CONTACT

by NAZUNA

必ずご返事するとは限りません。あらかじめご了承ください。

support byさくら葬祭