うちに来た鳥

2020.06.26

うちに来た鳥

いつ頃から聞こえていたのだろう?5月の半ばくらいからではないかと思います。家にいると、鳥のきれいなさえずりが聞こえるのです。

ピーヨロピーヨ…

鳴き声がきれいな鳥で有名なのはウグイスですが、他にもこんなにきれいな声の鳥がいるなんて。

初めはどこかで飼っている鳥かと思っていました。

 

ある日、鳴き声がすぐ近くに聞こえたので、窓を開けてバルコニーに出ました。

ピーヨロピーヨ…

声の方を見上げると、マンションの上の方にある、ちょっとした隙間に鳥の姿が小さく見えました。

 

ピーヨロピーヨ…

あの子だったんだ。

 

その時は影になっていたので、どんな色でどんな姿か、わかりませんでした。しかし、毎日見ているうちに、スズメより大きく、ハトより小さい、ムクドリくらいの大きさで、灰色と茶色の混じったような色をしていることが、わかりました。

 

なんていう子なんだろう?

パソコン検索して調べると、イソヒヨドリのメスと分かりました。

 

鳥のメスは、オスに比べてあまりさえずることはないと言いますが、この子はメスだけれど、きれいな声で鳴いています。

ちなみにイソヒヨドリのオスは、お腹がオレンジ色で、全体が青く、幸せの青い鳥と言われているそうです。

 

メスのこの子は地味ですが、声は素晴らしくきれいです。それに判官びいきと言うものでしょうか。見たこともない幸せの青い鳥より、きれいな声を、毎日聴かせてくれるこの子の方が、私にはかわいく思えました。

 

毎日のように、きれいな声が聴こえます。姿は見えなくても、さえずりだけは聴こえるので、近くにいるのが分かりました。

鳥と言うのは、群れをなしているか、つがいでいるか、どちらかだと思っていましたが、イソヒヨドリは繁殖期だけつがいになるそうです。そして、ヒナを育て上げると、また一羽だけで過ごすのだそうです。

ヒナが巣立って、夫婦が別れるときって、悲しくないのかしら、など人間である私は思ってしまいます。それにしても、普段は一羽で暮らすなんて、クールで逞しい鳥ですね。群れをなした方が安全だと思えるのですが、イソヒヨドリには、一羽でいる方が都合のいい何か理由が、あるのでしょう。

 

繁殖期は5月だそうですが、暖冬の今年は、鳥たちの繁殖期は例年より早かったと聞きました。だからこのイソヒヨドリも、子育てを終えて一羽でここに来たのか、あるいは生まれたヒナが巣立ってここに来たか、どちらかなのでしょう。

 

いつもこの鳴き声を楽しみにしていたのですが、雨が2、3日続いた後、気が付くと、あのきれいな声が聴こえなくなりました。

 

どうしたんだろう?

待っていれば、またここに来てくれるだろうか?

寂しくはあるけれど、どこからか飛んで来た鳥ならば、またどこかに行ってしまうのは仕方のないことです。

 

この間、近くの電柱にハトが止まっていると思ったら、ハトくらいの大きさの猛禽でした。こんな住宅街にも猛禽類がいるのかと、驚きました。

 

あの子は大丈夫だろうか?襲われてしまったのかしら?

戻って来てくれれば、うれしいけれど、自然の中で生きるって大変なことです。猛禽だけじゃなくて、カラスに襲われることもあるだろうし。

無事でいて欲しいと願いました。

 

もしここが安全で快適な所だと思ったら、ずっとここにいておくれ。

もしここよりずっと安全で、食べるものにも事欠かないところを見つけたのなら、その地で幸せになっておくれ。

 

それにしても、出会いと別れは世の常と言うものだね、おいちゃん。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

ABOUT

このブログを通して、大切な人を亡くし途方に暮れている方と悲しみを分かち合い、亡くなった方への感謝の気持ちを共有する一助となれば幸いに思います。
~雑草のようにたくましく生きる

畦道なずな

TOPICS

CONTACT

by NAZUNA

必ずご返事するとは限りません。あらかじめご了承ください。

support byさくら葬祭