手元供養事情

2019.11.14

手元供養事情

手元供養とは、お骨の一部(あるいは全部)を家に置いて、お祀りすることを言います。   久し振りに会ったその友達は、今年お父上を亡くしたそうです。 「あら、そうだったの、大変だったでしょう」 その人のお父上なら、…続きを読む

by NAZUNA

台風一過

2019.10.15

台風一過

先に関東に上陸した台風15号も、「かつてないほどの勢力」と言っていましたが、今回の19号はそれを上回るものでした。 台風15号の教訓で、鉄道各社の判断で計画運休も行われ、スーパーも終日休み、あるいは時間を短縮して営業の所…続きを読む

by NAZUNA

大切な人が亡くなったときに

2019.09.26

大切な人が亡くなったときに

9月22日の読売新聞に、大切な人を失くした時はどうしたら、立ち直れるのか…という記事が載っていました。 同居の家族がいてくれれば、気が紛れるのかも知れませんが、今は夫婦だけの家族がかなり多いのではないでしょうか。そして、…続きを読む

by NAZUNA

初めての富士山

2019.09.14

初めての富士山

今年も、亡くなったおいちゃんの歳を数える月がやってきました。おいちゃんは9月生まれなのです。生きていれば63歳です。しかし、亡くなった人は年を取りません。年を取るのは私です。   そう、問題は私!言いたくありま…続きを読む

by NAZUNA

お盆に戻って来た畦道耕作の話

2019.08.24

お盆に戻って来た畦道耕作の話

私、畦道耕作は4年前の夏に亡くなった。友達と旅行に行って、大好きな温泉三昧を楽しんでいた。 しかし、気が付いたら自分の体が横たわっていた。どうしたんだろう?そのうち近くがざわざわとして、私の名前を呼ぶ声がした。 「畦道さ…続きを読む

by NAZUNA

お盆になると思い出す悲しい話

2019.08.15

お盆になると思い出す悲しい話

「MとAっていうのが近所に住んでいてな、Mが親分でAが子分みたいな感じだった。二人とも家が貧乏だったんだよ。MとAは同じ境遇を感じていたのかな」 おいちゃんはある夏の日、その二人のことを話し始めました。 「お母さんも働い…続きを読む

by NAZUNA

12348

ABOUT

このブログを通して、大切な人を亡くし途方に暮れている方と悲しみを分かち合い、亡くなった方への感謝の気持ちを共有する一助となれば幸いに思います。
~雑草のようにたくましく生きる

畦道なずな

TOPICS

CONTACT

by NAZUNA

必ずご返事するとは限りません。あらかじめご了承ください。

support byさくら葬祭